自分らしいシャチハタを持ち歩こう!

自分らしいシャチハタを持ち歩こう!

シャチハタにはいろんな柄のおしゃれはんこがいっぱいです。仕事を楽しくするためにも手元のおしゃれ、始めてみませんか。
2019年08月17日作成

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:341

シャチハタにはいろんな柄のおしゃれはんこがいっぱいです。仕事を楽しくするためにも手元のおしゃれ、始めてみませんか。
2019年08月17日作成

TOPIC 01

おしゃれは手元から始めよう

出典元:https://www.shutterstock.com

ツメを切ったり、磨いたり、はたまたネイルと手元のおしゃれはさまざまです。

もちろん、お気に入りの色を手元に塗ってもいいでしょうし、アクセサリーをつけても◎。

でも、ネイルの先にあるはんこも手元の一部です。ネイルの色と合わせてみたり、季節に合わせて変えてみればよりおしゃれ感もアップします。

夏に涼しさを呼ぶ「金魚柄」

「おしゃれスタンプキャップレス 和柄01」は金魚柄。

金魚を見ていると不思議と落ち着くものです。金魚が泳いでいる姿があしらわれたキャップレスを机に置いて眺めると、不思議と気持ちが落ち着くかもしれません。

日本らしい「桜柄」

「おしゃれスタンプキャップレス 和柄02」
「おしゃれスタンプキャップレス 和柄03」
「おしゃれスタンプキャップレス 和柄04」
はかわいらしい桜柄です。

「桜」は日本を代表する花で、万葉集などでも古くから歌われているほど人気があります。

在原業平が読んだ「世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」という歌も有名です。これは美しい桜の花が散ってしまうことが気になり、どうも落ち着かないという意味です。

花見時期になると、次の土日の天気が気がかりなのは今も昔も同じです。

そんな美しい桜の花を永遠に閉じ込めた桜柄を見ては、美しい桜の咲く姿が思い出され、心も晴れてくるものです。

香り高く咲く「梅柄」

「おしゃれスタンプキャップレス 和柄05」
「おしゃれスタンプキャップレス 和柄07」
は梅の柄。

梅は早春に咲く花です。春の訪れを感じさせてくれる梅は、小さくて地味なので匂いで気づかせてくれる花でもあります。

菅原道真が愛した花としても有名で、中でも太宰府天満宮にまで追いかけて飛んでいった飛び梅の話は有名です。

また、縁起の良い花としても有名なので、手元に置くだけで運気のアップもはかれます。

豪華な「市松模様柄」

「おしゃれスタンプキャップレス 和柄06」は市松模様。

どこか正月や結婚式などめでたい席をイメージさせてくれる、日本伝統の和柄です。

ゴージャス感を出したい気分の時にも◎。

豪華な花の「クレマチス柄」

「おしゃれスタンプキャップレス 和柄08」は花柄。

種類が豊富なクレマチスは人気の花で、いろんな種類のものがあちこちで見られるようになりました。
「つる性植物の女王」とイギリスで呼ばれるクレマチスの花言葉は「精神の美」。

つるが細いのにもかかわらず、豪華な花を咲かせることに由来します。
手元に豪華なクレマチスの花を飾れば、華やかになること間違いなしです。その上、花言葉のように精神も安定させてくれるかもしれません。

早朝ひっそりと咲く「朝顔柄」

「おしゃれスタンプキャップレス 和柄09」は朝顔。

朝、ひっそりと咲き誇るイメージの強い朝顔の花言葉は「愛情」です。夏の風物詩としても有名ですが、その美しさには目を見張るものがあります。毎年入谷で行われている「朝顔市」は約40万人もの人が訪れますし、大きさも形もまちまちです。

運気がアップする「招き猫柄」

「おしゃれスタンプキャップレス 和柄10」は招き猫の柄。

世田谷の豪徳寺が発祥とされている招き猫。「金運」「幸福」を招くといわれています。

そんな「招き猫柄」を手元に飾り、運気をアップしてみてはいかがでしょう。


はんこにも豊富な柄があります。自分が気に入った柄を選んで、手元からさりげないおしゃれを始めてみましょう!

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:341