シャチハタの不滅インクとは?

シャチハタの不滅インクとは?

不滅インクとは昔シャチハタで使われていた用語です。
今ではTAT(タート)と名前を変えました。
TATインクはどのような目的で使われているのでしょうか。 2018年06月17日作成

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:2,247

不滅インクとは昔シャチハタで使われていた用語です。
今ではTAT(タート)と名前を変えました。
TATインクはどのような目的で使われているのでしょうか。 2018年06月17日作成

不滅インクという言葉を聞いたことはありますか?

名前からしてどことなく強力そうなイメージがありますよね。
不滅インクとはどのようなインクなのでしょうか。
そして、今ではどのように使われているのでしょうか。

今回は不滅インクについて、利用目的や人気商品をご紹介します。

TOPIC 01

不滅インクとは

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

不滅インクとは、今でいう「タート(TAT)インク」のこと。
工業目的で作られたこの商品は、どんなものにでも捺せる強いインクです。
今では、家庭用としても普及しています。

では、なぜ名前が変わったのでしょうか。

それは、「不滅」という名前が、誤解を生んでしまったため。
「不滅=消えないインク」というイメージを持つ人が多かったのです。
確かに、不滅インクは強力なものですがシンナーなどで摩擦すると消えてしまいます。

したがって、不滅スタンプ台、不滅インクは「タート」へと名前が変わりましたが、その性能は同じままです。

タートは、強力で特殊なインクを使用し、これまでのインクではなつ印が難しかった素材へのなつ印に成功。
タートシリーズは「強着スタンプ台 タート」と、浸透印タイプの「タートスタンパー」の2種類から使用目的に合わせて選べます。

金属、プラスチック、布、皮革、ゴム、ガラスなどに使用できるシャチハタ製のインクです。

TOPIC 02

工業用途で採用される理由

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

タートインクは主に工業・建築関係の作業目的で使われます。

おもに品番表示やサイズ表示、生産年月日表示や検印など。
これまでそういった仕事の人に向けて、強力なマーカーは数多く発売されました。いわゆる油性インクがその代表。
ですが、ポンと捺せるスタンプなら文字を書くより時間短縮できます。
結果的に仕事の効率があげることができますよね。

では、具体的にタートインクはどのような特長があるのでしょうか。

タートインクの特長
・金属、プラスチック、布、皮革、ゴム、ガラスなどの非吸収素材に捺せる。

・特殊な素材へのなつ印や、なつ印後の2次加工への対応が可能なスペシャルタイプもある(受注生産品)

・耐水性・耐光性・耐熱性に優れている。

また、タートインクは、よりきれいな印影が残せるように素材・対象物に合わせた3タイプのインクがあります。

タートインクの種類
・多目的(油性顔料)
金属・プラスチック・ガラス・陶器・布・皮革・木材等に適したオールラウンドタイプ

・金属用(油性染料)
アルミニウム・鉄・ステンレス・真鍮・メッキ製品等の金属及びガラス製品

・プラスチック用(油性染料)
硬質塩ビ・アクリル・ポリエステル・ナイロン・ゴム等のプラスチック製品
スペシャルタイプ特殊な素材や既製品にはないインク色、印影に二次加工を施す場合に適したインクです。

素材が違えばインクの吸収率も違い、にじんだりかすんでしまう場合もあるので注意が必要です。

商品紹介:タートスタンプ台(工業用途)

強着スタンプ台 タート<多目的用>

超微細粒子の、油性顔料系インクが使われています。
コート紙や木などの吸収面はもちろん、皮革、金属、プラスチックなど、さまざまな非吸収面にもなつ印できます。
フタの開閉には気密性に優れたスプリングロック方式を採用。
カラーは5色展開。

タートインクは、工業用途としての安全性は非常に高く、輸入・輸出などにおける様々な指令や規制をクリアしているので、工業品や部品等を製造されているお客様にとって安心して使用いただけるインクになっています。

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

金属へのなつ印に最適

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

プラスチックへのなつ印に最適

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

インキの入っていないスタンプ台

ご家庭での活用方法

タートは、今では家庭用としても人気があります。

その理由は、通常のインクでは捺せないものでも、タートインクなら色々な素材に捺すことができます。

お子様の持ち物のお名前書きや光沢紙などツルツルしたもの、ガラスや木材などにも捺せるのです。
これは便利ですよね。
さらに、専用インク、スタンプ台、シャチハタ印(連続なつ印可能)タイプがあります。

これが人気の理由と言えるでしょう。

商品紹介:ポンピタおなまえスタンプ(ホームユース)

おなまえスタンプは、入園・入学準備に大活躍。
名前を書く方法としては他に「手書き」「シール」もあります。
ですが、手書きはにじみやすく、シールは貼がれやすい。
名前書きには「スタンプ」が最適なのです。

以下がお名前スタンプの特徴です。

・水ににじまず落ちにくい油性インキが使われている。

・紙以外にも、プラスチック、金属、布、木に捺せる。

・スタンプ内蔵型なので、ポンポンと捺せる。

・不安定な鉛筆やクレヨンなどに捺すときは、ガイドで固定することができる。

・文字の大きさは大・小2種類、はめかえるだけでタテ・ヨコ自由自在。

・ゴムのはめ替えができるので、兄弟でも使うことができる。

大小タテヨコ自由に組み替えることができるので便利ですよね。
また、おなまえスタンプ用の、動物や花のマークのゴムシートも売られています。

TOPIC 03

便利な強力インク、タート

いかがでしたか?

昔は不滅インクと言われていたほど、強力なインクであったタート。
その性能は今でも変わらず、工業用途や、家庭用として幅広く使われています。

世界中で機械化が進んでいく中で、タートの需要も日々増えています。
また、おむつに捺したり衣服に捺したりなど家庭用としても注目度は高まっています。

まだ使ったことのない人は、これを機にぜひ使ってみてはいかがですか?

出典:https//www.stamp-box.jp

タート 多目的用

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

タート速乾性多目的用

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

タートその他の素材用

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

タート溶剤

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:2,247