オーダーで作るシャチハタの値段はいくら?

オーダーで作るシャチハタの値段はいくら?

シャチハタをオーダーで作りたい時に気になるのは値段。
オーダーすることができるシャチハタの種類とは?さらには、お得に購入する方法を紹介。 2018年06月16日作成

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:1,954

シャチハタをオーダーで作りたい時に気になるのは値段。
オーダーすることができるシャチハタの種類とは?さらには、お得に購入する方法を紹介。 2018年06月16日作成

「自分だけのシャチハタが作りたい!」そう思った経験はありませんか?
自分のフルネームが入った認印、自分の住所が入っている住所印。
手書きよりもポンと押すだけのシャチハタは、つくってみるとその便利さに驚きます。

ですが、気になるのは値段。
思っていた金額より高いと、「プライベートで使うものだから、そこまでのお金はかけられない」と諦めてしまいますよね。
作成したい印面内容によって値段は変わりますが、文字のみの場合だと比較的安価で済む場合も多いです。

今回は、オーダーで作成できるシャチハタの値段に焦点をあて、いくつかシャチハタを紹介していきます。

TOPIC 01

シャチハタの種類

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

シャチハタ印を大きく分類すると「ネーム印」「ビジネス印」「住所印」の3タイプに分けられます。

ネーム印

「ネーム印」は、その名の通りシャチハタの認印です。
オーソドックスなネーム9の他に、ネーム11やネーム6など。

用途によって、以下のように印面のサイズを使い分けるケースが一般的となります。
・認印 :ネーム9、ブラック8、ブラック11
・訂正印:ネーム6

ネーム印はメーカー(シャチハタ株式会社)で常に取扱いのある、一般的な氏名を既製品として用意しています。
・ネーム9  :既製品(2100氏名)、準既製品(860氏名)
・ネーム6  :既製品(1402氏名)
・ブラック8 :既製品(1000氏名)、準既製品(200氏名)
・ブラック11:既製品(1000氏名)、準既製品(1383氏名)

別注品の場合、「書体」「色」「レイアウト」などを自由に変更することができるため、オリジナルのネーム印を作成することができます。

ビジネス印

ビジネス印はオフィスで活躍するスタンプが中心のラインナップとなります。
用途によって、サイズや色、本体の形状は様々です。

帳簿・出席簿    :簿記スタンパー
科目のなつ印に   :科目印
書類などの管理に  :ビジネス印、マルチスタンパー
のし紙などの表書きに:贈答用、おなまえ印
領収印・検査印   :丸型印
日付印       :データーネーム

住所印

最後は住所印の紹介です。
住所印は用途に応じて様々なサイズの機種が用意されています。

住所印で人気の機種サイズは以下の5種類となります。
・角型印1551号(15×51mm)
・角型印1662号(16×62mm)
・角型印2060号(20×60mm)
・角型印2471号(24×71mm)
・角型印2580号(25×80mm)
※機種サイズによって、文字数や行数に制限があるため注意が必要です。

住所印に入力する内容は以下が一般的な項目となります。
・郵便番号
・住所
・社名(店名)
・代表者名(氏名)
・部署名
・電話番号(FAX番号)
※ご希望の項目をレイアウトパターンに沿って、書体とインク色とあわせて指定します。

自社のロゴデータなどを住所印に組み込んでもらえる店舗もあるようなので、相談してみてはいかがでしょうか?

ネットショップなどでは、レイアウトプレビューを確認しながら注文するこができるため、意外と簡単に作成することができますよ。

TOPIC 02

オーダーで作るシャチハタの商品

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

様々なシャチハタの商品と、気になる値段を紹介します。

ネーム9

ネーム9は日本中で使われているベーシックなタイプのシャチハタです。

デスクやバッグの中に常備する1本としておすすめ。
ボディの色は基本のブラックの他に、ペールピンク・ペールブルー・ペールイエロー・ペールグリーンの4色と、
白を基調としたWhite Styleのホワイトホワイト・ホワイトピンク・ホワイトブルー・ホワイトイエロー・ホワイトグリーンの5色を展開しています。

捺印回数は、約1万回。
インクの補充方法はカートリッジ式。

商品価格
定価2,150円

科目印

伝票・書類などで氏名や科目を捺すビジネス印として多く使用されています。
ボディは、ブルー、ピンク、グリーン、ブラウン、パープル、エルゴグリーンの6色

商品価格
定価500円

角形印2060号

住所印で多く使用されているのが、20×60mmの角型印です。

大きく見やすいサイズなので、住所だけでなくメールアドレスやホームページアドレスなども入れることができます。

商品価格
定価6,600円

TOPIC 03

通販なら安く買うことが可能

出典:https://www.shutterstock.com

いかがでしたか?

オーダーと聞くと、ハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、実際はお手頃な値段で簡単に注文することができます。
ネット通販なら、通常の値段からさらにお値打ちに買える場合が多いので、この機会に是非チェックしてみてください。

あなただけの特別なシャチハタを作ると、シャチハタを捺すのがもっと楽しくなりますよ。

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:1,954