便利? 本当に使えるの? はんこ自販機とは?

便利? 本当に使えるの? はんこ自販機とは?

写真やイラストをデコレーションしながら、楽しくオリジナルはんこを作ることができるはんこ自動販売機をご紹介します。
2018年12月18日作成

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:306

写真やイラストをデコレーションしながら、楽しくオリジナルはんこを作ることができるはんこ自動販売機をご紹介します。
2018年12月18日作成

TOPIC 01

はんこ自動販売機「OSMO(オスモ)」とは?

出典元:https://www.shutterstock.com

簡単にオリジナルスタンプを作れる自販機があるのを、ご存じでしょうか。
ご紹介する「OSMO(オスモ)」は、自分の好きなスタンプが作れる、シヤチハタのスタンプ自動販売機です。
では、「OSMO(オスモ)」とはどんな機械なのでしょうか。

タッチパネル操作で簡単にスタンプができてしまうのが特徴です。
これは、フレームを選んだり、絵を描いたりして作るプリクラのようです。
ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字はもちろん、手書き文字も乗せられます。

もちろん、その場で絵を描いてもいいですし、スマホで撮影したお気に入りの写真でもかまいません。
また、その場でメッセージを入れ込むこともできます。

スタンプのデザインが終わったら、最後にスタンプホルダーの印面ユニット部分をセットするだけです。
約1分程度でスタンプが出てきます。先ほどデザインしたばかりのものが、すぐにスタンプ化できるのですから、これは正直、驚きです。

オスモを使ったオリジナルスタンプの作り方は、簡単に説明するとこうです。
1.スタンプホルダーをレジで選びます
2.印面をデザインします
3.印面ユニットをOSMO(オスモ)にセットします
4.加工された印面ユニットをスタンプホルダーにセットします

たったこれだけの作業でオリジナルスタンプができあがります。

ただ、自販機といっても無人ではなく、最初にレジでスタンプホルダーを購入して入れないと作れません。

TOPIC 02

はんこ自販機を使って実際に作ってみよう

出典元:https://www.shutterstock.com

実際に作ってみましょう。

1.レジでスタンプホルダーを購入します。
・スタンプホルダーの大きさは全5種類。ショップによっては全種類がそろっているわけではないので注意が必要です。見てわかると思いますが、オスモの後の数字が印面サイズとなっています。ですから、スタンプホルダーはそれより当然サイズは大きくなっています。

オスモ1010(10×10ミリ 500円)
オスモ2020(20×20ミリ 700円)
オスモ2530(25×30ミリ 800円)
オスモ1550(15×50ミリ 800円)
オスモ5050(50×50ミリ 1500円)

・スタンプホルダーの色:ホワイト、ピンク、ブルーの3色があります。
・インクの色:黒、赤、青、ピンクの4種類があります。

2.スタンプ自動販売機に向かいます。作業をしていきます。

3.スタンプのサイズを選んで、印面をデザインしていきます。
大きさは、レジで購入したスタンプホルダーと同じ大きさのものを選びましょう。
OSMO(オスモ)ではデフォルトで使える素材や文字だけでなく、スマホで撮った写真やイラストもスタンプにすることができます。

操作はすべてタッチペンでの作業となります。

アップロードするときは、オスモパークから簡単にアップロードできるので、写真やイラストを用意しておく以外は特に準備しておくことは何もありません。ただし、白い部分や明るいものは表現することが難しいので注意が必要です。

ですから、画像は線がはっきりしているものを選びましょう。ぼやけているものはうまくスタンプに反映することができません。

スタンプの種類は2つです。素材を組み合わせて作るか、写真などを使って作るかを選択します。
写真はカメラですぐに撮影してもいいですし、またアルバムからも選択することができます。

もちろんその場で絵を描いてもOKです。

4.次に30種類以上のフレームやイラストを選びます。

5.8種類のフォントから文字を選ぶ、または手書き文字も入れることができます。

6.デザインができたら、終了。完成データはメールで受け取ることができます。

7.デザインが終わると、印面を入れるトレイが出てきます。

8.スタンプホルダーから印面を外して機械にセットします。

9.約1分でできあがります。しかし、インクを浸透させる時間が2分程度必要になりますので、おおよそ待ち時間は3分程度となります。

TOPIC 03

アプリ「オスモパーク」に登録すると簡単

出典元:https://www.shutterstock.com

「オスモパーク」は「OSMO(オスモ)」の公式サイトです。
http://osmo-park.jp/pc/

会員登録をしなくても使えますが、登録をすると、自分だけのマイページができるので、アップロードした画像を保存できるようになります。また、一度作ったスタンプのデザインが保存できるし、SNSでデータが共有できるようになっています。

また、保存できるデザインの数が無制限になったり、会員限定のフレームがもらえたりします。非会員のデータの保管は30日間となります。

登録するにはスマホで受信できるメールアドレス、パスワード、ニックネーム、性別、年齢を入力するだけです。

スマホ上から写真をアップロードできる写真やイラストはカラー形式RGBです。CMYKはダメです。
容量は5MG以内でファイル形式はjpg、pngとなりますので注意しましょう。

また、写真やイラストをつかうときは、オスモ1010では小さ過ぎるので、より大きいタイプのほうがはっきりと捺せるスタンプを作ることができます。

OSMO(オスモ)で作ったスタンプは3000回までは捺せるインクが入っていますが、インク補充はできません。


商業施設や観光地など約100カ所に設置されている「OSMO(オスモ)」。見つけたらぜひ、作ってみましょう。
また、スマホで会員登録して、デザインを済ませてから、近くの「OSMO(オスモ)」を見つけるのも手です。
「OSMO(オスモ)」を見つけるには「オスモパーク」の設置店検索から見つけましょう。

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:306