新年度前に机上整理! 整頓のコツと便利グッズの紹介

新年度前に机上整理! 整頓のコツと便利グッズの紹介

デスク上はなかなかきれいにならないものです。無理なくできる整理・整頓術や、片付けた後も美しい状態をキープするちょっとしたコツをご紹介します。

2019年03月21日作成

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:459

デスク上はなかなかきれいにならないものです。無理なくできる整理・整頓術や、片付けた後も美しい状態をキープするちょっとしたコツをご紹介します。

2019年03月21日作成

TOPIC 01

机の上にある「いるもの」と「いらないもの」

出典元:https://www.shutterstock.com

整理整頓も仕事のうちといいますが、日々の仕事をこなしていると忙しくて、そのうち…、そのうち…とまるで呪文のような言葉を繰り返すだけという人もいるのではないでしょうか。

机は忙しいほどペン、書類、メモなどがごったがえしになりやすい場所です。なかなか片付ける時間が取れないと頭を抱えるかもしれません。

しかし、机の上が片付いていれば、効率もアップするものです。なぜなら、使いたいものがさっと出せるし、さっと使えるからです。

また、机の上がきれいなら仕事にも集中できます。机の上が汚いと、別なことやものに気を取られてしまい、集中力が途切れてしまうためです。

まず、今の机の上を直視してみましょう。きれいに片付けられていないのなら、まず、置くものと置かないものを決めましょう。

仕事に関係ないものや、プライベートなものは片付けましょう。また、いつかは使うかも…と大事に取っておいたものも注意です。机を整理していたら、ハサミやのりがいくつも出てきた…なんてこともあるかもしれません。

不要なものは片付けてしまいましょう。

そして、きれいに片付けたら、机の上にはいつも使うものだけを置いておくようにします。机の上に置くのはパソコン、マウスなどパソコン関連のほか、電話などはどんな職種の人でも必須のものです。

TOPIC 02

「使用頻度」で決めよう

出典元:https://www.shutterstock.com

机の上に置くべきものは、使用頻度が高いものが基本。
机の上がすっきりと見えるようにするには、ものを少なくすることがポイントです。

ただし、ものが多すぎる場合は、一度で片付けを行うとイヤになるので何回かにわけて行うようにするといいでしょう。これもあれももったいないと取っておくと、いつまでたっても片付きません。

時には潔く、えいっと捨ててしまうことも必要です。

使用頻度が高いものは近くに置きます。できれば、よく使うものは右側に置くとより便利に使えます。

散らかりやすいものは人によって違うかもしれませんが、書類はまず間違いなく散らかるものです。次々に重ねていくと、いつの間にか重要書類がはるか下で埋もれてしまっていたり、関連する書類が別のところに行っていたり…ということもあります。

すぐに使いたいときに限ってどこにあるのかわからず、探しても見つからなくてアタフタとしてしまうとなぜか決まっています。

そうならないようにするためには、ファイリングです。面倒でもその都度しまうことで、書類の紛失を防ぐことができるようになるはずです。

TOPIC 03

「立てる」か「寝かす」か

出典元:https://www.shutterstock.com

はんこが必要なときにははんこを、ふせんがいるときにはふせんを探すことなく、取り出すことができれば時短にもなります。効率良く仕事ができれば、イライラすることもありません。

必要なものをすぐに取り出せるようにするためにも、置き場所を決められるものは固定化するようにします。こうすることで、目をつぶっても取り出せるようになれます。

使い勝手にも大きく関わってくるのが、「立てる」か「寝かす」かです。「立てる」ことですぐ使えるようになりますし、スペースも少なくて済みます。

立たせれば便利「ネーム9スタンド式」

「ネーム9スタンド式」はその名の通り、スタンド式のはんこなので、倒れませんし、それに転がらないから、なくなる心配もありません。
キャップを開け閉めする必要がないので、簡単に片手でポンと捺すことができます。

「ネーム9」とスタンドがセットになった商品で、ブラック、ペールピンク、ペールブルーなど全10種類があります。書体は楷書体や明朝体などの9書体から、インキは6色から選ぶことができます。


ひとつの仕事が終わったら、区切りのためにも整理のためにもさっと片付けるクセをつけましょう。作業が終わったら、元の位置へと戻していきます。こうすることで散らかしっぱなし状態から卒業することができるようになります。

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:459