シャチハタとは!?きちんと理解できている人は少ない?

シャチハタとは!?きちんと理解できている人は少ない?

印鑑用語でよく耳にする「はんこ」と「シャチハタ」。実は全くの別物です。シャチハタの使い道や語源に至るまでをくわしく解説します。 2018年04月18日作成

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:3,713

印鑑用語でよく耳にする「はんこ」と「シャチハタ」。実は全くの別物です。シャチハタの使い道や語源に至るまでをくわしく解説します。 2018年04月18日作成

郵便物の受け取りや、書類提出でなにかと使うことのある印鑑。
日本は印鑑社会と言われているほど、社会にでると印鑑を使う機会がとても多いです。
そんな時、いちいちインクをつけずにポンッと押せるシャチハタがあると便利ですよね。
しかし「この書類にはシャチハタが使えません」と言われて「なんで?」と思った経験はありませんか?どういう時にシャチハタはつかえるの?そもそも普通の認印との違いってなに?
実際なにげなく押しているシャチハタのことを、きちんと理解して使っている人は少ないと思います。

今回はそんなシャチハタについてくわしく説明したいと思います。

TOPIC 01

シャチハタの語源は?

出典元:https://www.shutterstock.com/

「シャチハタ=朱肉のいらない浸透印」とイメージしてる方が多いと思いますが、実はそうではありません。そもそもシャチハタとは製品名ではなく会社名なのです。
1941年に名古屋の印鑑会社「ハタ印(当時会社名)」が設立されました。
その名の通りブランドのロゴは、日の丸旗のマークでした。しかし日の丸は登録商標には使えないことが発覚。そこで創業者は名古屋のシンボル、金鯱(シャチホコ)をマークにしました。

金鯱の旗=シャチハタとなり、今の株式会社シヤチハタが誕生したのです。
1965年に、株式会社シヤチハタがインキ浸透印(Xスタンパー)の開発に成功しました。

その後、業界最大手に成長し、今やインキ浸透印の代名詞となりました。

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

シャチハタといえばこれが定番!

TOPIC 02

シャチハタの定義は?

出典元:https://www.shutterstock.com/

では一体どういう印鑑をシャチハタというのでしょうか。

三種の印鑑「実印・銀行印・認印」があります。
実印とは、法的な力を持った印鑑です。区役所、役場で印鑑登録をして使います。

おもな使い道は、車の契約、土地の購入などです。
加えて、あなた自身を証明するためのものでもあります。事実、法律では印鑑を複製することは禁じられています。

一生物の印鑑なので、材質は欠けづらい水牛の角で作ることが一般的です。また偽造防止のために機械ではなく手彫りで作られてる場合がほとんどです。

銀行印とは、金融機関の取引に使う印鑑です。おもに銀行で口座を作る時に使います。
認印でも口座を作ることはできますが、どの印鑑で口座登録したかを忘れてしまうケースが多いです。実印と兼用するのも万が一紛失したときに大変な手間がかかります。
銀行印は実印より一回り小さいサイズで作り区別します。

認印とは意思の確認や承認のための印鑑です。印鑑登録をしなくても自分の名前なら使えます。おもな使い道は、履歴書、婚姻届、さまざまな契約書などです。一般的に材質は、プラスチック製のものが多いです。

認印よりかんたんに使えるのがシャチハタです。郵便物、回覧板、などの受け取りに使います。シャチハタが印鑑とちがうのは「印面がゴム製でできている」ところです。ゴムは長く使うと形が変わってしまいます。そのため銀行ではシャチハタが使えない場合がほとんどです。
また、押すときの圧力で印影が変わりやすい、大量生産によって同じ印影が多いなどの点から契約書でシャチハタが使えない場合があります。その場合は認印を使います。

TOPIC 03

シャチハタの使い道

出典元:https://www.shutterstock.com/

インクをつける必要のないシャチハタは、会社で使うのがとても便利です。接客のバイトをするときに「自分のシャチハタをもってきてね」と言われたことはありませんか?領収書に押したり、受領書に押したり。
その度にインクを付けて押すのは時間がかかるので、会社ではシャチハタを使うのが好まれます。

シャチハタの中でもボールペンの先に印鑑が付いてるものや、ワンタッチで捺印できるキャップレスタイプなどがあります。キャップを付け外しする必要がないので、立ち仕事でもスピーディーに使えます。
リール式のキーホルダーを付けて衣服につけると、ポケットから取り出す必要もありません。

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

ホワイトボディのネーム9!

TOPIC 04

シャチハタを購入する

出典元:https://www.shutterstock.com/

シャチハタは印鑑登録ができないので認印の代わりとして使います。
朱肉やスタンプ台がいらないためとても便利で、外出先で急に必要になっても気軽に買えます。シャチハタは文房具店やネット通販で買うことができます。
最近では100円均一ショップなどでも買えますが、長く使いたい場合はインクを補充できるタイプのものを選びましょう。

シャチハタは読みやすい楷書(カイショ)体が一般的ですが、他の書体でも作れます。
行書(ギョウショ)体、古印(コイン)体、隷書(レイショ)体など用途によって使い分けることが出来ます。
ほかにも小判型のタイプや、認印より小さい6mmの訂正印のシャチハタも買えます。
また、「珍しい名字なのでお店に買いにいっても売っていない」場合があります。
そんな時はオーダーでシャチハタが作れます。2週間程度かかることが多いので前もって買いましょう。

これから社会人になる方や、普段ネットでたくさん買い物をする方など、サインよりもかんたんなシャチハタはとっても便利です。
カバンに入れておいたり、会社のデスクや家の玄関に置いたり。最近では高級万年筆とシャチハタが一体化したものもあり、成人のお祝いに贈られる方も多いです。
子供の持ち物に名前を書く代わりに押す、ひらがなタイプのシャチハタもあります。
場所によって様々な使い方があるシャチハタ。利用する場面をただしく理解し、認め印とシャチハタをうまく使い分けていきましょう。

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

キャップレス9がリニューアル!

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

洗練されたネーム印

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

ひとまわり大きめの重厚な11ミリ

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

ひとまわり小さい8ミリ印

シャチハタ・ネームペンの通販専門店【スタンプボックス】

出典:https//www.stamp-box.jp

訂正印に最適の6ミリ印!

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:3,713