あると便利なシャチハタの訂正印

あると便利なシャチハタの訂正印

ネーム9に続いて人気なのが、訂正印サイズの「ネーム6」朱肉を使う必要がないのでとても便利です。訂正印の使い方や、おすすめネーム6商品の紹介。 2018年05月31日作成

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:683

ネーム9に続いて人気なのが、訂正印サイズの「ネーム6」朱肉を使う必要がないのでとても便利です。訂正印の使い方や、おすすめネーム6商品の紹介。 2018年05月31日作成

みなさんは、書類を書き間違えた時に「訂正印」を押していますか?
重要な書類なら訂正印は必須ですが、なかには必要かどうか定かでないものもあります。
ですが、訂正印があるだけで、とてもきちんとした印象に繋がりますよ。

今回は、シャチハタタイプの訂正印を詳しくご紹介します。
また、訂正の方法のおさらいや、オススメの訂正印商品などもお伝えします

持っていると便利

01

訂正印とは

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

誤字・脱字を本人が訂正したことをあらわすための印鑑です。
また、双方が確認したことを表すために契約両者が押す場合もあります。

訂正印の使い方は、間違えた箇所を二重線で引き、その上に印を捺すといったもの。 実際に使い方を説明していきます。
訂正の種類としては「訂正・追加・削除」の3種類。

・「訂正」
間違えた上で、正しい文字を書きたい場合。
間違えた箇所に二重線を引き、その上に正しい文字をかきます。
訂正印は二重線を引いた上に重ねて押します。

・「追加」
正しい文字だけを追加したい場合。
追加したい箇所の上に「V」を書きます。
そこに追加したい文字を書きます。
追加した文字の右上に訂正印を押します。

・「削除」
間違った箇所を消したい場合
間違った箇所に二重線を書きます。
その上に重ねて訂正印を押します。

重要な契約書の場合は、その時に使う実印で訂正する場合がほとんどです。

ですが、簡単な書類の訂正には、シャチハタがおすすめです。
シャチハタならポンポンと押せるので、会社で使う機会が多い方に向いています。

使い方いろいろ

02

シャチハタ「ネーム6」

シャチハタのなかでも、文書と文書の間の狭いスペースに捺せる「ネーム6」を紹介します。

ネーム6とは、印面サイズが6ミリのコンパクトなシャチハタ。
訂正印や認印のほかにも、出勤簿など小さなスペースにも捺すことができます。

基本色はグレー。別売りで持ちやすい長柄タイプのホルダーをセットすることも可能。

また、既製品数は1,402氏名。数はネーム9に劣りますが、それでも多いです。

インクの補充はカートリッジ式。付け替えるだけで長く使うことができます。

訂正印は100円ショップなどにも売っていますが、使いやすさを考えると純正のシャチハタ製品がおすすめです。

別注で作成する場合

続いて、ネーム6を別注で作成する場合の手順を紹介します。

1.書体をきめる
通常、8書体の中から選びます。
楷書、行書、隷書(レイショ)、古印、明朝、角ゴシック、丸ゴシック、篆書(テンショ)
小判型にしたい場合も、楷書、行書、隷書、古印体の中から選ぶことが可能。
他にも値段は高くなりますが、ロゴやオリジナルのマークを入れるなどもできます。
2.ボディーの色をきめる
既製品はグレーのみですが、別注品だと他のカラーもあります。
グレー、スカイブルー、ピンク、ペールブルー、ペールピンクの5色です。

3.インクの色をきめる
黒、赤、藍色、緑、朱色、紫
の6色の中から選ぶことができます。
用途によって色を使い分けるのも便利ですよね。
こちらもそれぞれの色で補充インクがあるので長く使えます。

4.完成
お店で注文すると通常約10日かかります。
もし急いでいる場合には、ネット通販がおすすめです。
中には最短、次の日には家に届けてくれるところもあります。
また、お店で買うより安く手に入りやすいです。

要チェック!

03

ネーム6のおすすめ商品

そして、ネーム6のさらに便利な、人気のある2つの商品をご紹介します。

シャチハタペアネーム

ペアネームは9ミリの認印と6ミリの訂正印がセットになったもの。
つまり、これ一本で押印が可能というわけです。

他に特徴として
・持ち運びに便利な、グリップがついている
・ストラップをつける穴がついている

という点があります。使う人の気持ちを考えられていることがわかりますね。

カラーは、シルバー、パールブルー、パールピンク、ブルー、ピンクの計5色。
男性も女性も使いやすいような、シンプルなデザインになっています。

こちらはメールオーダー式になっているので価格も比較的安価です。
メールオーダー式は、本体を買うと中に印面の申し込みハガキが入っています。
専用ハガキか、インターネットからでも申し込みができます。
特殊な名字の方にとっては、メールオーダー式は別注で作るより安く作れるのでとても便利ですよね。

ネーム6キャプレ

ネーム6キャプレはその名の通り、キャップのない訂正印サイズのシャチハタのこと。
以下の特徴があります。

・捺印時に自動で開閉するウィングシャッター機構
・使わないときはロックができるので、持ち運びに最適
・携帯に便利なストラップ用の穴付き

こちらも印面はメールオーダー式。
インクの補充方法は、カートリッジ式なので簡単です。

カラーは、ブルー、ピンク、オレンジ、グレーの計4色。
キャプレはスピーディーに押せるので、立ち仕事をしている方にとても人気があります。

社会人なら持っておこう

04

持つ価値のある訂正印

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

訂正印といってもいろんな訂正の仕方があります。
もちろんなるべく間違えないのが一番良いのですが、大きい印だと見栄えも悪くなります。
やはり社会人なら、一本は訂正印を持っておきたいところ。

小さいシャチハタは無くしやすい、という方はストラップをつけるなど工夫して使いましょう。
今ではシャチハタの訂正印も、さまざまな種類がありますので、あなたにあった商品がきっと見つかるはずです。

  • シヤチハタシヤチハタ
  • VIEW:683