郵便局ではんこが作れるお申し込みキットが便利!

郵便局ではんこが作れるお申し込みキットが便利!

郵便局で、実印が作れるサービスがあるのを知っていますか?どんな種類のはんこが作れるのかを紹介。 2018年10月01日作成

  • 知識知識
  • VIEW:8,485

郵便局で、実印が作れるサービスがあるのを知っていますか?どんな種類のはんこが作れるのかを紹介。 2018年10月01日作成

結婚した時や、子供が生まれた時、子供が成人を迎えた時など、新しく銀行口座を開設する時は、人生の節目と重なります。

そして、口座をつくるときには、銀行印も必要になります。
新しい名義で作る場合には、銀行印を新たに作る方も多いことでしょう。

今回は、郵便局ではんこがつくれる、「実印・銀行印(認印)お申し込みキット」について紹介します。

・お申し込みキットの内容
・申し込みキットではどのような種類のはんこが作れるのか

を詳しく紹介していきます。

TOPIC 01

郵便局で売られている「実印・銀行印(認印)お申し込みキット」

出典:https://www.shutterstock.com

お申し込みキットは、郵便局の窓口で直接注文するものではありません。

・はんこの専用申し込み用紙
・お申込書記入例
・送付用封筒

が入っているものが、郵便局の窓口で販売されています。

申し込みキットを購入後、作りたい名前など、必要事項を記入して指定の宛先に送ると、後日はんこが自宅に送られてくるという仕組みです。

これなら、あたらしく通帳を作りたい時に、先に申し込みキットを買っておいて、銀行印が家に届いたタイミングですぐ作ることができるので手間がかかりません。 また、出来上がったはんこは家に届けてくれるので、取りに行く必要もありません。

TOPIC 02

郵便局でつくれるはんこの種類

出典:https://www.shutterstock.com

申し込みキットで作れるはんこには、どのような種類があるのかをみていきましょう。

作れるサイズ

まず、はんこの印面サイズは「15ミリ、13.5ミリ、12ミリ」の3種類から選ぶことができます。
おそらく一般的に言えば、大きい方から「実印、銀行印、認印」に使うサイズでしょう。

一般的な実印のサイズは、女性で13.5ミリ〜15ミリ、男性で15ミリ〜18ミリだといわれています。
銀行印は一回り小さく、男性で13.5〜15ミリ、女性で12〜13.5ミリ。
認印は、10〜12ミリが一般的です。

サイズは細かく選ぶことができませんが、逆に言えば迷わなくていいとも言えます。

作れる書体

申し込みキットで作れる文字の書体は、

・印相体(いんそうたい)
・篆書体(てんしょたい)
・古印体

の3種類です。この3つの書体はかなりオーソドックスな書体です。

印相体は、すべての文字がひとつなぎでかかれている縁起のいい書体で、よく実印に使われます。
篆書体は、お札にも使われていることから金運にいい書体とされ、銀行印に使われます。
古印体は、文字がはっきりしていて読みやすいため、認印として使われます。

作れる印材

申し込みキットでは、

・チタン
・高級黒水牛
・高級本柘(薩摩産)

の3種類の印材から選ぶことができます。

この3つもかなりオーソドックスな印材です。

・チタン
チタンは3つの中で一番高価な金属製の印材。
チタンは、耐久性にとても優れており、他の印材に比べて重みがあるので、はんこを捺す時に重厚感を味わうことができます。

また、金属製の印材は油に強く、比較的お手入れしやすいのも特徴の一つです。

・高級黒水牛
東南アジアの水牛のツノを加工した素材です。
動物性の印材であれば象牙が人気ですが、象牙よりも価格が安く、耐久性も劣らないということで人気があります。

申し込みキットの黒水牛は、ツノの中心部分をつかった芯持ち黒水牛なので、耐久性が特にすぐれているといわれています。

・高級本柘(薩摩産)

柘のなかでも、鹿児島が原産地となっている最高級ランクの柘印材です。

柘とは、黄(つげ)の木から切り出した印材のこと。
古くから、そろばんや櫛などの木製品の材料として使われてきました。

全体的に黄味がかっていて木目のキメが細かいので手頃な印材として利用されています。

TOPIC 03

価格

申し込みキットの価格は以下の通りです。(税込)

・チタン・・・15ミリ、29,000円
    ・・・13.5ミリ、26,000円
    ・・・12ミリ、24,000円

・高級黒水牛・・・15ミリ、18,000円
      ・・・13.5ミリ、16,000円
      ・・・12ミリ、15,000円

・高級薩摩本柘・・・15ミリ、13,000円
       ・・・13.5ミリ、12,000円
       ・・・12ミリ、11,000円

お得な2本セット

申し込みキットには、お祝いセットとして桐箱に入った2本りのはんこも申し込むことができます。
15ミリ、12ミリのサイズのはんこが入っており、単品よりもお得に買うことができます。

・チタン2本セット・・・48,000円(5,000円お得)
・高級黒水牛2本セット・・・27,000円(6,000円お得)
・高級薩摩本柘2本セット・・・20,000円(4,000円お得)

TOPIC 04

郵便局以外ではんこをつくる方法

出典:https://www.shutterstock.com

今回は郵便局で作れる申し込みキットについて紹介しました、
種類やサイズ、書体はオーソドックスなもので、それほど種類はありませんが、迷わずに決めることができます。

また、わざわざお店に行かなくてもいいというメリットもあります。

この申し込みキットは、窓口に行けば販売してもらうことができますよ。
もっとたくさんの種類から選びたい方や、安く買いたいけどお店に行く時間がないという方にはネット通販もおすすめです。

ネット通販なら

・数多くの印材、書体、サイズから選ぶことができる
・店舗の維持費がかからない分、店舗で買うより値段が安い
・最短で当日出荷。注文した次の日には印鑑が出来上がります。

というメリットがたくさん。

いかがでしたか?
ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 知識知識
  • VIEW:8,485