赤ちゃん用の印鑑を作るのはなぜ? おすすめの印鑑も紹介!

赤ちゃん用の印鑑を作るのはなぜ? おすすめの印鑑も紹介!

赤ちゃんが生まれたら、銀行口座をプレゼントしてあげましょう。その際、必要となる印鑑の印材や書体もしっかりと選んであげましょう。
2020年04月21日作成

  • 知識知識

赤ちゃんが生まれたら、銀行口座をプレゼントしてあげましょう。その際、必要となる印鑑の印材や書体もしっかりと選んであげましょう。
2020年04月21日作成

TOPIC 01

赤ちゃんが生まれたら…記念に口座作り

出典元:https://www.shutterstock.com

待望の赤ちゃんが誕生! もちろん、嬉しいことですが、やることが増えて大忙しになります。祖父母がいればいいのですが、夫と二人きりの生活なら、はっきり言ってたいへんです。

いつもの家事に赤ちゃんの世話が加わり、手が空いているときに市役所・区役所や会社への手続きもあります。3時間起きに泣かれて、ろくに睡眠も取れず、朝から晩までボーッとしていることでしょう。

でも、人はその場の状況に慣れるものです。大忙しの毎日ですが、やることはだいたい決まってくるので手が空いたらぜひ、赤ちゃんのことを考えて動きましょう。

赤ちゃんが生まれた記念として通帳を作るパパママが多いのをご存じでしょうか。

そのときに必要になるのが赤ちゃんの印鑑です。印鑑があれば、あとはもよりの銀行に行くだけです。

この通帳は、これからの成長と共にいざというときの貯蓄用。口座を作っておけば、使い込みすることなく、お祝いやお年玉などをスムーズに貯金できます。

また、その都度入金し、貯めることで思い出作りにもなります。○月○日に2000円入金を見たら、おじいちゃんからのお年玉…というように、この時、いくらもらった、近所の神社にお参りに行ったといろんな記憶がよみがえるものです。

いつか赤ちゃんが大きくなったときに、通帳を見ながら話も弾むことでしょう。

TOPIC 02

赤ちゃんにおすすめの印鑑

出典元:https://www.shutterstock.com

銀行口座を作るには当然、銀行印が必要になります。

もちろん、生まれたての赤ちゃんには選ぶことができないので、赤ちゃんに代わって選んであげるのが親の務めというものです。

まず、サイズですが、赤ちゃんだからといって小さい印鑑はありません。大人と同じ大きさになります。

サイズは下記の通りで、一般的なサイズは

女の子なら12ミリ、または13.5ミリ
男の子なら13.5ミリ、または15ミリ
がおすすめです。

銀行印に登録できるのは「フルネーム」「名字のみ」「名前のみ」の3種類です。

基本的には「フルネーム」で作成するようにします。理由は文字数・画数ともに多くなるほど、偽造されるリスクが低くなるためです。

「名字のみ」で作ってしまうと、後で一体誰の印鑑? ということになるので、名字のみの印鑑は作らないようにしましょう。

ただし、女の子の場合、大きくなって結婚してしまうと名字が変わってしまう恐れがあります。生まれたばかりなのにそんなことはまだ想像できないでしょうが、いずれ結婚します。

フルネームで作ってしまうと、結婚後、名字が変われば、作り直しが必要になってきます。

ですから、いっそのこと「名前のみ」で作ってしまえば、結婚後、名字が変わったとしても新たに作ることなくそのまま使い続けられます。経済的なので、「名前のみ」で作るのがおすすめです。

TOPIC 03

出産祝いとして印鑑を赤ちゃんに贈ろう!

出典元:https://www.shutterstock.com

パパママからのファーストプレゼントとして、印鑑を贈りましょう。

印鑑に彫られているのは、パパママだけでなくおじいちゃん、おばあちゃん、家族全員があれこれ一生懸命考えた名前です。

健康に育って欲しい、まっすぐに生きて欲しいなどいろんな願いが込められた名前。それが彫られた印鑑をプレゼントすることで、きっと赤ちゃんの力強く育ってくれるはず。

■木の温もりが味わえる「柘」の印鑑

別名で「アカネ」とも呼ばれる柘。大昔から印鑑として使われてきた柘は、手触りの良さや安心感が漂うのが特徴です。

値段はピンキリですが、中でも薩摩本柘は繊維が緻密で、彫り具合も良いのでおすすめの印材です。

■高級なタンスに使われている「黒檀」

高級ダンスにも使われている黒檀。とても値が高いので有名ですが、硬い木材で美しい光沢もあるので見た目にも高級感が漂う印材です。

黒檀というと、何となく真っ黒な墨をイメージするかもしれませんが、実は少し赤みを帯びた黒です。


赤ちゃんの誕生記念に印鑑を贈りましょう。名前に込めた想いを彫ることで、その思いは永遠にものへとなります。大切な赤ちゃんのお守りとして印鑑を作り、ファーストプレゼントにして下さい。

  • 知識知識