正しい割印の捺し方!割印と契印の違いは?

正しい割印の捺し方!割印と契印の違いは?

契約書で使われる、割印・契印とは?それぞれの意味や違いを徹底解説! 2018年08月31日作成

  • 知識知識
  • VIEW:1,198

契約書で使われる、割印・契印とは?それぞれの意味や違いを徹底解説! 2018年08月31日作成

契約書に捺す「割印(わりいん)」や「契印(けいいん)」。
その捺す意味や、押し方、など正しく理解できていますか?

ビジネスの取引では、契約書の不正や改善を防ぐためにも、はんこは欠かせません。
今回は、

・割印、契印それぞれの意味
・割印、契印の使い方
・綺麗に印を捺すコツ

について詳しくご紹介します。

割印とは

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

割印とは、二枚以上の同じ書類が同一、もしくは関連があることを示すために、各文書にまたがって捺印する印のこと。これらを証明することで改ざんや複製を防ぎます。

例えば契約書をつくるときは、

・作成した契約書の原本と写し
・正本と副本

などがあります。

また、自社と他社の契約時には同じ契約書を二部以上作成します。

割印が捺されていない契約書だと、一方が改ざんをすれば、どちらの契約が正しいのかわからなくなってしまいます。

そういった際、契約書に割印があれば、同じ日に同じ内容で文書が作成されたことが証明できます。

つまり割印は、一方の改ざんや複製を防ぐものでもあります。
契約書のほかには、領収書とその控えに捺される場合があります。

割印の正しい捺し方

つぎに、割印の正しい捺し方を紹介します。
まず、使用する印鑑ですが、基本的には契約書に捺されているのものと同じものを使います。実印で契約してある場合は、実印を、認印なら認印を使います。


・契約書が二部の場合

契約書が自社と他社で二部ある場合は、タテかヨコにずらして重ねます。
そして、重ねた部分をまたぐようにして、自社・他社両方の印鑑を捺します。

・契約書が三部の場合
三部の場合も、少しずつずらして同じように、またいで捺します。
こうして捺すことで、複製・改ざんを防ぐことができるのです。

契印とは

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

次に、割印とよく間違われる「契印」について紹介します。
契印も、改ざんなどを防ぐために使われますが、用途が異なります。

契印は、契約書が二枚以上ある場合に、ページのつなぎ目に捺す印のこと。

もし、二枚以上ある場合には、途中のページを差し替えたり・抜き取りされる可能性がありますが、そうなっていても印がなければ分かりません。

「知らない間に、契約書の一部が改ざんされていた」なんてことが起きてしまうのです。

つまり契印は、契約書の一部改ざんを防ぐためにあるのです。

契約をするときは、割印もそうですが契印もきちんと捺されているか確認しましょう。

契印の捺し方

契印の捺し方は、契約書と閉じる方法によって異なります。

使う印鑑は、認印が無難です。
割印と違い、契印はページに何度も捺したりするもの。
実印を何度も捺すのは、偽造の問題が起こる可能性があるので、あまりおすすめしません。

・契約書が見開き閉じの場合

見開き閉じの場合は、左右のページにまたがるように、上下二箇所に印を捺します。

・契約書が一箇所ホチキス留めの場合

左上にホチキスで留められている場合には、ページを谷折りにし、次ページに重なるように捺します。

・ページを製本テープで閉じる方法

契約書が何ページにも及ぶ場合、すべてのページに契印を捺すのは手間がかかります。
そういった際に、契約書を製本テープで閉じる方法があります。

捺す場所は、製本テープのつなぎ目と、裏表紙にまたいで上下捺印します。

割印・契印を綺麗に捺すコツ

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

契約書に捺す印は綺麗に押したいですよね。
しかし、書類をたくさん重ね捺す割印や契印は、捺しづらいことが多いのです。

重要な契約書類ですから、印影が欠けてしてしまうのは避けたいです。

割印・契印を綺麗に押すコツとしては、書類の段差を無くすこと。

まず、すべての書類に対して捺印マットを引きます。
こうすることで、机で捺すよりは弾力ができるので押しやすくなります。

次に、一番下にある書類の下に、さらに紙をひきます。
そうすることで、書類同士の段差が少なくなり、印影を綺麗に捺すことができるのです。

契約書における印鑑の大切さ

写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com/

いかがでしたか?

昔と違い、パソコンが普及した昨今では、契約書の複製や改ざんがされやすくなりました。リスクを防ぐためにも印鑑は重要な役割を果たします。

割印は、二部以上ある契約書が同じ日に同じ内容で捺されたことを証明するもの。
契印は、二枚以上ある契約書がつながっていることを証明するもの。

そして、割印は二部にまたがって捺し、契印は二枚にまたがって捺します。
両者とも契約書には必要なものですが、意味と捺し方が異なります。

また、契約するときはあらかじめ、割印・契印が捺されているか確認することが、改ざんや詐欺に合わないための予防法です。

実際に印を捺すときは、必ず捺印マットをひいて、書類同士の段差を軽減し綺麗に捺せるようにしましょう。

ビジネスで使う印の意味・押し方をきちんと使うことは、常識ある社会人として当然のこと。
正しく使い分けるようにしましょう。

  • 知識知識
  • VIEW:1,198